シリーズ「ポスト・コロナ時代のソフトウェアエンジニアリングを考える」(価値・エッセンス・国際標準・アジャイル・IoT・機械学習)

あらゆる産業においてデジタルトランスフォーメーション(DX)がなし崩し的に進められようとするポスト・コロナ時代に、ソフトウェアエンジニアリングのあり方も見直し、必要に応じて変えるときが来ています。本セミナーシリーズでは複数回にわたり、ソフトウェアの開発や運用において変わらない本質と、変わりゆく新たな考え方や技術・プラクティスを探ります。具体的には、変化の激しい時代にビジネス・社会価値を見定めて開発を進める考え方と(第1回)、それらの価値から追跡可能な先にあるべきDXの技術的原動力となるIoT・機械学習応用の設計(第2回)を取り上げます。そして、それらの活動を進めていくうえでの方法論の基盤(第3回)および品質面を含む国際標準(第4回)を取り上げます。最後に、DXに向けたビジネス戦略・要求(第5回)および諸活動を進めるうえで基本となる変化へ適応的なアジャイル開発プロセスにおける品質保証のあり方(第6回)を取り上げます。全てオンライン開催・参加無料です。ぜひご参加ください。

  • ・第1回 6月24日 社会やビジネスに新たな価値を生み出すソフトウェア工学(話者: 鷲崎弘宜、平鍋健児、羽生田栄一、萩本順三、小林浩、谷口真也、濱井和夫、関満徳、井上健、佐藤治夫)
  • ・第2回 7月13日 IoT・機械学習応用ソフトウェアの設計とパターン(話者: 竹内広宜、鷲崎弘宜)(予定)
  • ・第3回 7月21日 モダン・ソフトウェアエンジニアリングのエッセンス(話者: Ivar Jacobson、角征典、平鍋健児、小林浩、宮田一雄、島田さつき、鷲崎弘宜)(予定)
  • ・第4回 8月5日 国際標準の最新動向: 知識体系SWEBOK、品質規格SQuaRE、ビジネスアナリシス知識体系BABOK(話者: 中島毅、込山俊博、清水千博、鷲崎弘宜ほか)(予定)
  • ・第5回 8月17日 DX時代のビジネス戦略・要求(話者: 新谷勝利、野村典文、岸田智子、赤坂幸彦、鷲崎弘宜)(予定)
  • ・第6回 8月20日 アジャイル開発と品質(話者: Joseph Yoder、長田武徳、小林浩、鷲崎弘宜)(予定)

第1回 社会やビジネスに新たな価値を生み出すソフトウェア工学(SE4BS)

日時: 2020年6月24日(水) 19:00-21:00
共催: BPStudy、スマートエスイー
協力・協賛: 早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所
講演者(予定): 鷲崎弘宜(早稲田大学)、平鍋健児(永和システムマネジメント)、羽生田栄一(豆蔵)、萩本順三(匠)、小林浩(システム情報)、谷口真也(セイコーエプソン) 、濱井和夫(NTTコムウェア/IIBA日本支部)、関満徳(グロース・アーキテクチャ&チームス)、井上健(ソフトウェアコンサルタント)、佐藤治夫(ビープラウド)
プログラム・参加申込: BPStudyのconnpassページから参照のうえお申し込みください

DX時代のより良い未来を社会的・ビジネス的観点でデザインし、顧客価値やビジネス価値に基づいてソフトウェアの開発と運用を進める枠組みとプロセスを講演者らは Software Engineering for Business and Society(SE4BS)言及記事)として構築しつつあります。本セミナーでは、SE4BSの解説講演とパネル討論を通して、テクノロジーの急速な進化にあわせて人類の明るい未来を同時並行的に描いていくことを実現する新たなソフトウェア工学を参加者とともに探ります。

第2回 IoT・機械学習応用ソフトウェアの設計とパターン

日時: 2020年7月13日(月) 19:00-21:00
主催: スマートエスイー
協力・協賛: 日本ソフトウェア科学会 機械学習工学研究会(MLSE)、JST未来社会 未来社会創造事業 機械学習を用いたシステムの高品質化・実用化を加速する”Engineerable AI”(eAI)、早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所
講演者(予定): 竹内広宜(武蔵大学)、鷲崎弘宜(早稲田大学)(eAIプロセス・パターンチーム)ほか
プログラム・参加申込: connpassページより参照のうえお申込みください(詳細は後日追記予定)

IoTおよび機械学習の社会応用が急速に進展することに伴い、実務家や研究者においてそれらのソフトウェアシステムの良い設計の指針の整理と共有が求められています。本セミナーでは、パターンを活用したアーキテクチャ設計評価の基本的な流れを解説したうえで、講演者らが調査により整理したIoTアーキテクチャ・デザインパターン(IEEE Internet of Things JournalSERP4IoT)および機械学習応用アーキテクチャ・デザインパターン(一部 IWESEPAsianPLoP)の体系を解説します。

第3回 モダン・ソフトウェアエンジニアリングのエッセンス

日時: 2020年7月21日(火) 19:00-21:00
主催: スマートエスイー
協力・協賛: 早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所
講演者(予定): Ivar Jacobson(Ivar Jacobson International )(ビデオ出演)、角征典(ワイクル)、平鍋健児(永和システムマネジメント)、小林浩(システム情報)、宮田一雄(富士通)、島田さつき(富士通クォリティラボ)、鷲崎弘宜(早稲田大学)
プログラム・参加申込: connpassページより参照のうえお申込みください(詳細は後日追記予定)

機械学習工学やIoT工学など、DX時代を迎えるにあたり様々な手法やプラクティスが現れる今こそ、変わらない本質を捉えて、ソフトウェアエンジニアリングに必要な変革を自ら組み立てていく取り組みが求められます。本セミナーでは、UMLの父であるIvar Jacobson氏らの近著『モダン・ソフトウェアエンジニアリング』(原題: The Essentials of Modern Software Engineering)をベースに、OMG標準であるEssenceを解説し、これからのソフトウェアエンジニアリングを展望します。Essenceは、国際的な運動SEMAT(Software Engineering Method and Theory)により、ソフトウェア開発において重要な概念や状態を整理した枠組みであり、方法論の組み合わせや新たな方法論の構築の基盤を与えます。

第4回 国際標準の最新動向: 知識体系SWEBOK、品質規格SQuaRE、ビジネスアナリシス知識体系BABOK

日時: 2020年8月5日(水) 19:00-21:00
主催: スマートエスイー
協力・協賛: 早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所
講演者(予定): 中島毅(芝浦工業大学)、込山 俊博(NEC)、清水 千博(IIBA日本支部 理事)、鷲崎弘宜(早稲田大学)ほか
プログラム・参加申込: connpassページより参照のうえお申込みください(詳細は後日追記予定)

ポスト・コロナ時代における技術的革新と価値再構築を見るうえで、国際標準に照らして技術的活動や人材育成プログラムを点検し、改善し続けることが国際競争力の確保に不可欠です。そして、国際標準もまた時代に応じ変わりつつあります。本セミナーでは、日本が策定にあたり国際的にリードしている二つの主要な標準Guide to the Software Engineering Body of Knowledge(SWEBOK, ISO/IEC TR 19759:2015, 全体統括: 鷲崎)とSystems and software Quality Requirements and Evaluation(SQuaRE, ISO/IEC 25000シリーズ, WGコンビーナ: 込山, エディタ: 中島ほか)の最新状況および今後の改訂方向性を、全体統括やエディタから直接にいち早く解説します。SWEBOKは2021年中の改訂発行を目指して、アーキテクチャやセキュリティ、AIシステムの扱いを中心に再構成および拡充検討が進められています。加えて、IIBA 日本支部 清水理事よりビジネスアナリシス(BA)知識体系ガイド BABOKの解説をいただきます。

第5回 DX時代のビジネス戦略・要求

日時: 2020年8月17日(月) 19:00-21:00
主催: スマートエスイー、早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所ゴール指向経営研究会
講演者(予定): 新谷勝利、野村典文、岸田智子、赤坂幸彦、鷲崎弘宜ほか
プログラム・参加申込: (詳細は後日追記予定)

スマートエスイーコンソーシアム「DX時代のビジネス戦略・要求調査研究WG」では1月から6月にかけて、主としてITで実現するためのビジネス戦略立案のプロセスと方法論を座学とその演習を通して習得し、DX化に向けたプロセスやノウハウをまとめてきました。本セミナーでは、その成果報告を中心として、コンセプトファン、GQM+Strategies、ArchiMate、DXマップといった異なる関連技術を組み合わせたプロセスやコツ、課題を、事例も交えて解説します。

第6回 アジャイル開発と品質

日時: 2020年8月20日(木) 19:00-21:00
主催: スマートエスイー
協力・協賛: 日科技連SQiP研究会 演習コースI(ソフトウェア工学の基礎)、日本Springユーザ会、早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所
講演者(予定): Joseph Yoder(Refactory, Inc.)、長田武徳(NTTデータ)、小林浩(システム情報)、鷲崎弘宜(早稲田大学)ほか
プログラム・参加申込: connpassページより参照のうえお申込みください(詳細は後日追記予定)

変化の激しく不確実性を増す時代において、顧客参加・高速・漸進による適応的なアジャイル開発は標準的となりつつありますが、その高速な進行における品質確保は主要な課題です。それは特定の段階で特定の人々のみが取り組むというよりも、専門家を交えつつロードマップ策定から日々のモニタリングに至るあらゆる段階でチーム全体となって取り組む活動となります。本セミナーでは、連載「QA to AQ:アジャイル品質パターンによる、伝統的な品質保証からアジャイル品質への変革」をベースに、アジャイル開発において効率的かつ効果的に品質保証を進めるために有用な実証済みのパターン集QA to AQおよびその利用事例を解説するとともに、関連するアジャイル品質の取り組みを紹介し、アジャイル開発における品質保証のあり方を探求します。