K16 センサ

概要

センサの基礎と信号処理を習得する。
※実習機材の都合上、すべてオンサイト(早稲田大学西早稲田キャンパス)で実施する。

講師

木村啓二(早稲田大学)、小林彬(次世代センサ協議会)、栗山敏秀(次世代センサ協議会)、室英夫(次世代センサ協議会)、高田敬輔(次世代センサ協議会)

到達目標

以下の知識およびスキルの取得を目標とする。
‐センサの基本構造、動作原理、および特性を理解している。
‐実際のセンサの信号処理を実現できる。
‐チームの中で自分の役割を認識し、チームとして課題に対応することができる。

準備学習・前提知識

‐組込み・IoTシステム&サービスの基礎知識
‐センサ、電子回路、信号処理の基礎知識

履修時間

時数:8コマ  時間数:12時間

計画

2022年度 K16 シラバス

参考書

‐室英夫、他(著)、マイクロセンサ工学、技術評論社、2009
‐計測自動制御学会(編集)、他(著)、センサの基本と実用回路、コロナ社、2012

評価

レポート

備考

オンサイト講義に参加できない場合は、履修登録不可。
※座学部分の資料と動画は、自習用教材として履修登録者以外にも後日公開予定。

参考情報

2020年度 K16 iCDスキルマッピング β版
※今後見直しの可能性があります。