正規履修

正規履修

教育プログラムの全体

正規履修コース説明動画
教育プログラムの特徴
フルスタック
ビジネス、アプリケーション、情報処理、通信・物理の4つの専門領域、総合実践を合わせた5つの領域をカバーする科目群を、iCDやRAMI4.0等を参照モデルとして整理体系化しています。
専門性
各科目は深度に応じ、入門的な内容を扱う「エントリ」、情報系大学院レベルの専門知識を学ぶ「スタンダード」、実問題への応用力を養う「アドバンスト」の3段階があり、PBLなど実践的な教育を行います。
実践性
企業における実課題の解決を想定した「修了制作」を必須とします。修了制作はマンツーマンで指導します。

科目一覧

領域と科目の説明動画
  • 2021年度は19科目が開講されます
  • 総合実践領域のK01とK03は必修科目です
  • 正規修了には必修2科目を含む計10科目の履修が必要です
  • MCPC IoTシステム技術検定中級を未取得の方はK04の履修を強くおすすめします
  • 2021年度の開講カレンダーはこちら ※変更となる可能性があります
  • 2021年度のシラバスはこちら ※変更となる可能性があります
総合実践領域
ビジネス領域
アプリケーション領域
情報処理領域
通信・物理領域

社会人の学びやすさの工夫

履修しやすさ
オンラインファースト
  • オンライン講義を基本とし、オンサイト講義も実施するハイブリッド型を展開
      座学や個人演習が中心の科目 ⇒ オンライン:Zoomによるリアルタイム配信式講義
      演習が中心の一部科目 ⇒ オンサイト:WASEDA NEO(早稲田大学日本橋キャンパス)での対面式講義
      ※新型コロナウイルスの感染状況により、すべてオンラインでの実施となる可能性があります
受講の柔軟性
  • 平日夜&土日開講
  • 復習用として各科目の座学部分の動画をオンラインで提供
      ※一部対象外の科目があります
履修科目の多様性と最適化
  • 受講生の環境や目標に応じ、履修モデルコースを提示
  • 各科目を12時間に抑え、多数の科目メニューが選択可能
  • 入門科目を設け、受講ハードルを下げる
修了後のニーズに応じた動機づけ
修了制作の活用・発展
  • 全国の大学ネットワークを活用し、多様な制作・研究テーマの希望にあわせて的確に指導マッチング
  • マンツーマン指導を受けた修了制作の成果を指導教員とともに共同研究として発展させることが可能
大学院への接続
  • 修了制作や論文化の結果を大学院入学要件として認め、入学や修了時の負担の軽減を検討中
確かに身につく知識と技術
  • iCDやRAMI4.0等を参照モデルとし、身につけられる知識・技術を明確に
  • MUPC IoTシステム技術検定上級の合格レベルを目指す
  • 実践的な授業で、業務との関連付けを容易に

履修証明プログラム 正規履修のみ対象

本プログラムの修了が認められると、早稲田大学の履修証明書が発行されます。
これは、学校教育法第105条の規定に基づくものであり、履歴書の学歴欄に記載も可能です。

教育訓練給付制度 正規履修のみ対象

教育訓練給付制度とは、働く方の主体的で中長期的なキャリア形成を支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付制度です。一定条件を満たす雇用保険の被保険者(在職者)、または被保険者であった方(離職者)が、厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し修了した場合、本人が教育訓練施設に支払った教育訓練経費の一定の割合額(上限あり)がハローワークから支給されます。
本プログラムは、専門実践教育訓練給付金の対象講座です。

■ 明示書

以下、参考情報(厚生労働省ホームページより)
■ 専門実践教育訓練の給付金とは
■ 専門実践教育訓練給付金に関するよくあるご質問

詳しくは、居住地域の管轄のハローワークへお問合せください。

※給付金の申請は、開講1か月前までにハローワークにて手続きが必要です。
※事務局では、給付金制度についての質問にはお答えできません。

職業実践力育成プログラム(BP) 正規履修のみ対象

本プログラムは、文部科学省の「職業実践力育成プログラム」(BP:Brush up Program for professional)に認定されています。
これは、「大学等における社会人や企業等のニーズに応じた実践的・専門的なプログラム」が認められるものです。
※2019年度以降の正規履修が対象です。

■ 明示書

■ BP認定とは