K17 IoTとシステムズアプローチ

授業概要

本講義では、IoT システムを見据えたシステムズアプローチの概念と手法を学ぶ。

担当者

新谷 勝利(早稲田大学)・高井利憲(チェンジビジョン)、安藤秀樹 ほか

到達目標

以下を目標とする。
– IoT システムを見据えたシステムズアプローチの考え方、枠組みを理解している。
– 各種のシステムモデリングの手法(SysML、GQM+Strategies、GSN など)を IoT システムに適用できる。

準備学習・前提知識

– ソフトウェアライフサイクルプロセスの基礎

履修時間

時数:8コマ  時間数:12時間

日程

07/21(土) 13:20 ~ 14:50
15:00 ~ 16:30
第 1 回 超上流とシステム概論: IoT システムの超上流、システムズエンジニアリング、システムオブシステムズ、エコシステム
第 2 回 システムモデリング: SysML、要求図、アーキテクチャ、記法だけではなくプロセスを抑えたうえでの利用法、宿題: 共通例題の一部の SysML モデリング
07/28(土) 13:20 ~ 14:50
15:00 ~ 16:30
第 3 回 システムライフサイクルプロセス: ISO/IEC 15288、システム解析、検証と妥当性確認
第 4 回 ビジネス分析と知識体系: エンタープライズアーキテクチャ(EA)、Zachmanフレームワーク、BABOK、REBOK
08/4(土) 13:20 ~ 14:50
15:00 ~ 16:30
第 5 回 GQM+Strategies と GSN: 組織目標、戦略、データ測定、論証
第 6 回 GQM+Strategies と GSN 演習: IoT ヘルスケア共通例題を題材に、宿題: モデリング
8/18(土) 13:20 ~ 14:50
15:00 ~ 16:30
第 7 回 GQM+Strategies と GSN 応用: 衝突や調整、IoT ヘルスケア共通例題を題材に
第 8 回 GQM+Strategies と統合: 超上流、モデリング、マネジメント、まとめ

開講場所

WASEDA NEO 教室10

シラバスPDF

下記リンクよりダウンロードください。

シラバスPDF