K10 クラウドサービス・分散システム

授業概要

本講義では、クラウドコンピューティング基盤上にスケーラブルな分散システムを構築する技術について学ぶ。

担当者

高橋 竜一(茨城大学)、中島 倫明(レッドハット)、佐々木 健太郎(楽天)

到達目標

以下の内容を理解することを目標とする。

-クラウドシステムの特徴を活かしたシステム設計(スケールアウトなど)
-分散システムを構築・運用するためのクラウド環境の自動化技術

準備学習・前提知識

-ネットワーク通信およびUNIX 系サーバーOS の基礎知識
-サーバー仮想化および、クラウドコンピューティングの基礎知識
-IoT システム & サービスの基本構成

履修時間

時数:8コマ  時間数:12時間

日程

時間 講義形式 概要
第1回 6/29(土) 9:00-10:30 座学 導入,分散システム基盤
第2回 6/29(土) 10:40-12:10 座学 分散システムを支える理論・技術 (プロトコル)
第3回 6/29(土) 13:20-14:50 座学 分散システムを支える理論・技術 (定足数,グループ管理)
第4回 6/29(土) 15:00-16:30 座学 分散システムを支える理論・技術 (順序付け,一貫性)
第5回 7/6(土) 9:00-10:30 座学 クラウドリソースの抽象化
第6回 7/6(土) 10:40-12:10 演習 オーケストレーション演習
第7回 7/6(土) 13:20-14:50 座学 クラウドシステム管理の考え方とエコシステム
第8回 7/6(土) 15:00-16:30 演習 自動化ソフトウェアを用いたシステム構築・ 運用の自動化演習

評価方法

レポート(100%)

テキスト・参考書

– 中井 悦司・中島 倫明、オープンソース・クラウド基盤 OpenStack 入門、アスキー・ メディアワークス、2014

– 日本 OpenStack ユーザ会、OpenStack クラウドインテグレーション オープンソースクラウドによるサービス構築入門、翔泳社、2015

– 中島倫明・中井悦司・他 4 名、絵で見てわかるクラウドインフラと API の仕組み、翔泳社、2016

開講場所

WASEDA NEO 教室10

シラバスPDF

下記リンクよりダウンロードください。

シラバスPDF