募集要項

正規履修

開講期間

2022年4月~9月(6カ月間)

定員

2022年度 正規履修 第5期生
30名(予定)

受講要件

1.大学入学資格を有すること(必須)
2.情報技術の実務経験を有すること(※)
3.プログラミングの基礎知識を有すること(※)
4.モバイルコンピューティング推進コンソーシアム (MCPC) IoTシステム技術検定中級相当をベースに本プログラムが扱う領域全体(AI・IoT・ビッグデータ・クラウドほか)の基礎知識を有すること(※)

※補足
2について
実務未経験でも、3と4を満たす者については、総合的な判断によりプログラムの受講を許可する場合がある。
3と4について
開講までに基礎知識を習得できる見込みの者については、入門科目であるK04スマートIoTシステム・ビジネス入門の履修を必須条件としてプログラムの受講を許可する場合がある。

選考

筆記試験はありません。
提出書類や面接による選考を行います。

※面接は選考の過程で必要と判断した方のみが対象となります。
順次、個別に連絡の上、1月下旬頃にオンラインにて実施予定です。

申込期間

2021年12月20日(月)~ 2022年1月20日(木)

申込方法

申込フォームに必要事項を入力の上、以下の提出書類をアップロードください。
※申込フォームは本ページの下の方に12月20日(月)午後設置予定。

提出書類

1.志望理由書(書式自由、PDF形式、1ページ程度)
2.高等学校卒業以降の学歴および職歴書(書式自由、顔写真付き、PDF形式)
3.上司の承諾書(書式自由、PDF形式)

※「3.上司の承諾書」については、企業など所属先から派遣される方のみご提出ください。
上司の承諾書の提出不要の例
‐ 連携企業からの推薦の方(連携企業の一覧は「連携企業・団体」ページに掲載)
‐ 会社員だが、個人の意思で受講する方
‐ フリーランスの方

※受講要件の確認として、受講開始時までに最終学歴の卒業証明書等が必要です。
提出方法の詳細は、合格通知にて案内します。

合格発表

2022年2月1日
受講申込フォームに入力されたEメール宛に連絡します。

受講料

受講料 605,000円(税込)

※各種教材費が含まれます。

納付方法

銀行振込 口座番号は合格通知メールに記載
振込期限 2022年2月28日(月)

※企業から派遣される方で、年度内の入金が難しい(年度明けになる等)の場合は、事務局までご相談ください。

請求書・領収書

請求書 希望者のみ発行
領収書 金融機関の振込明細書をもって代えるものとします。

給付金制度

本プログラムは、雇用保険の給付制度である専門実践教育訓練給付金の対象講座です。

以下、参考情報(厚生労働省ホームページより)
専門実践教育訓練の給付金とは
専門実践教育訓練給付金に関するよくあるご質問
詳しくは、居住地域の管轄のハローワークへお問合せください。

開講科目

18科目

受講方法

基本 リアルタイム配信式講義 Zoom
一部 ハイブリッド型(西早稲田キャンパスでの対面式講義+リアルタイム配信式講義)

※講義の一部をハイブリッド型にて実施する予定です。
なお、ハイブリッド型の際は、オンラインでの参加者が不利にならないよう、最大限配慮します。
※K16センサは、演習機器の都合により、対面式講義のみの実施となります。

学習環境

リアルタイム配信 Zoom
LMS(eラーニングの学習管理システム)W-MoRE(Waseda Moodle for Recurrent Education )

教材

RaspberryPiをはじめ、基本的な機材の費用は受講料に含まれています。

各自で用意する物

1.パソコン
‐ 推奨:Windows10 64ビット Version1903以降(一部の科目で使用するソフトウェアがMac非対応)
‐ Zoomで受講するにあたり、Webカメラ、マイク、スピーカーが必要(内蔵、外付けは不問)

2.RaspberryPi操作用機器
‐ ディスプレイ(HDMI接続)
‐ キーボード(USB Type-A:PC接続ではごく一般的なタイプ)
‐ マウス(USB Type-A:PC接続ではごく一般的なタイプ)

※その他、課題や修了制作に取り組むあたり、個人で準備した機材の購入については自己負担となります。

主なスケジュール

3月中旬 教材配布・LMSログイン情報配布
3月下旬 オリエンテーション(オンラインにて実施予定)
4月1日 開講
4月~6月 各科目の受講
7月~8月 修了制作
9月上旬 修了制作審査会
9月末頃 修了式・修了記念シンポジウム

修了要件

必修科目2科目を含む10科目の単位を取得する。

履修証明書

本プログラムの修了が認められると、早稲田大学の履修証明書が発行されます。
これは、学校教育法第105条の規定に基づくものであり、履歴書の学歴欄に記載も可能です。

受講規約

早稲田大学スマートエスイープログラム受講規約
2020年12月21日現在

資料 PDF

ニュース:【開催報告】2022年度スマートエスイー正規履修(5期生)募集説明会 ※動画公開中
申し込み手続きについて(募集説明使用スライド)
2022年度正規履修 募集要項
2022年度正規履修 シラバス
2022年度正規履修 開講スケジュール
2022年度正規履修 実施形態一覧(予定)
2022年度正規履修 機材一覧(予定)
2022年度正規履修 ソフトウェア一覧(予定)
FAQ ※12月24日更新

申込フォーム

2022年4月開講の正規履修5期生の申し込みは1月20日をもって一旦締め切りました。
申し込みを希望する方は個別に事務局までご連絡ください。
smartse@list.waseda.jp

コース履修

開講期間

2021年10月1日~2022年2月25日(4か月間)

定員

2021年度・コース履修 第2期生
50名(予定)

受講要件

プログラミングの知識・経験がある方
※言語の種類や学習歴は問いません。

プログラミング言語「Python」について

講義では主にPythonを使用するため、Python初学者は事前学習が必須です。
※事前学習の教材(動画)はスマートエスイーより提供します。

申込期間

2021年9月8日~

※事前学習用教材もご用意しておりますので、お早めにお申し込みください。
※10月1日の開講後のお申し込みも受け付けますが、一部講座が始まっていることをご了承ください。

申込方法

このページの下の方にある「受講申込フォーム」よりお申し込みください。

提出書類(受講申込フォームからアップロード)

高等学校卒業以降の学歴および職歴書(書式自由、顔写真付き、PDF形式)

受講料

385,000円(税込)
※受講料には各種教材費が含まれています。

【重要】コース履修は教育給付金の対象外です。

納付方法

銀行振込

・受付完了メールが届きましたら速やかにご入金ください。入金確認後、教材を発送いたします。

・入金が9月27日以降になる方は、振込日の目安を事務局にメールでご連絡ください。

・企業派遣にて法人からの振り込みの場合には、振込日の目安を事務局までメールでご連絡ください。

※受付完了メール:申込フォーム入力後に届く自動配信のメールではなく、その後、事務局から個別にお送りするメールです。

科目

開講科目:13科目
受講上限:上限9科目(必修科目K09を含む)
※このほか、修了認定単位の対象外となる特別聴講科目があります。

受講方法

オンライン講義
オンデマンド配信を基本とし、演習を中心にリアルタイム配信も実施します。

学習環境

学習には、スマートエスイーLMS(eラーニングの学習管理システム)を使用します。
早稲田大学をはじめ、近年、数多くの大学が採用しているMoodleというプラットフォームをもとに独自で構築したものです。
履修登録、お知らせの確認、資料の閲覧、動画の視聴、課題の提出、講師への質問、受講生とのディスカッション等の機能があります。

教材

RaspberryPi、工作キット等、基本的な機材の費用は受講料に含まれています。
開講前までに自宅宛に送付予定です。
なお、推奨する参考書、課題のために個人で準備した機材の購入については自己負担となります。

修了要件

6科目以上単位を取得をすることにより、「コース修了証」を授与します。

【重要】正規履修と異なり、学校教育法に基づく履修証明書の交付はありません。

受講規約

早稲田大学スマートエスイープログラムコース履修受講規約
2020年9月30日現在

科目スポット履修

スマートエスイーコンソーシアム会員向けの有料メニューです。
正規履修科目で受講枠に空きがある場合に限り、2科目を選択の上、履修ができます(総合実践領域科目は対象外)。
コンソーシアムについては、こちら