お知らせ

第1回スマートエスイーセミナー: ゴール指向&データ駆動要求戦略セミナー

2018.05.26

複雑さと不確実性を増す今日のITシステムの開発と運用において、 適応的に正しいITシステムを正しく提供し続けるためには、 ゴール指向(目標指向)およびデータに裏打ちされて調整しつつ新たな可能性を探索するデータ駆動の戦略・要求分析が必要です。 そこで本セミナーでは、ゴール指向とデータ駆動に基づく要求工学および周辺を深く扱います。具体的には、ゴール指向要求工学、エンタープライズアーキテクチャ、GQM+Strategiesおよびデータ駆動ペルソナを扱います。

本セミナーは、AI/IoT/ビッグデータ×ビジネスの社会人教育事業enPiT-Proスマートエスイーにおける活動を発展させた公開セミナー第1弾として、様々な組織と連携し実施します。ぜひご参加ください。

共催:

協賛・後援(依頼中含む):

  • NPO法人トップエスイー教育センター
  • 情報処理学会ソフトウェア工学研究会
  • 情報処理学会ソフトウェア工学研究会要求工学ワーキンググループ
  • 日本ソフトウェア科学会ソフトウェア工学の基礎研究会
  • 日本ソフトウェア科学会機械学習工学研究会
  • 電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会
  • 情報処理推進機構
  • ITコーディネータ協会(依頼中)

概要:

プログラム:

17:00-17:30 受付
17:30-17:35 オープニング

鷲崎弘宜(早稲田大学 / 国立情報学研究所 / システム情報 / エクスモーション): スマートエスイーの概要、ならびに、本セミナーの趣旨としてIoT/AI/ビッグデータ時代のゴール指向&データ駆動要求戦略についてご案内します。

17:35-18:25 基調講演: ゴール指向要求工学とエンタープライズアーキテクチャ

山本修一郎(名古屋大学):
最新のエンタープライズアーキテクチャではゴール指向要求工学の考え方が全面的に採用されている。本講演では、以下の話題を取り上げ、両者の関係の一端を紹介する。

(1)ゴール指向とEAの関係
(2)EAの発展動向
(3)ゴール指向による、ビジネス変革の方法
(4)ゴール指向による、ビジネスとマネジメントの見える化指標

18:25-18:45 解説: GQM+Strategiesによるゴール指向目標戦略入門

新谷勝利(早稲田大学): GQM+Strategiesを用いて組織においてゴール指向の考え方に基づき組織目標、戦略、測定データを扱う方法を解説します。GQM+StrategiesはIESEによって開発された、企業・組織における目標と戦略(例えばIT化)の間で整合性をもたせて組織構造に沿って連鎖させ、かつ、目標達成を定量的に評価可能とする手法です。GQM+Strategiesは、ゴール指向の測定手法であるGQM(Goal-Question-Metric)法を、組織目標と戦略の整合に向けて拡張した手法と位置付けられます。

18:45-19:05 事例: ゴール指向による組織目標管理の事例紹介

野村典文(CTC伊藤忠テクノソリューションズ): 2014年度からGQM+Strategiesを活用して組織における年間の目標管理を実施しています。GQM+Strategiesによる目標管理の利点、効果、課題等を実際の現場で活用している事例を基に紹介致します。

19:05-19:25 講演: データ駆動ペルソナとそのサービス適用

渡邊泰宏(早稲田大学): 仮想のユーザ像に基づき要求獲得・分析を進めるペルソナ法を拡張して、ビッグデータおよび機械学習を用いた検証評価とペルソナおよび戦略・要求の改訂を反復的に進めるデータ駆動ペルソナ手法を提案し、クラウドサービスへの適用を進めています。本講演ではその仕組みおよび適用上の課題や展望を説明します。本講演内容は、国際会議ICSE 2018 NIER採択論文 “Retrospective based on Data-Driven Persona Significance in B-to-B Software Development” に基づきます。

19:25-19:30 クロージング
19:30- 懇親会