K14 クラウド基盤構築演習

概要

IoTやAIなどの先進分野で活用が進むクラウドコンピューティング基盤の概念と内部構造を理解し、その実現方法を習得する。

講師

中島倫明(レッドハット)、佐々木健太郎(楽天)

到達目標

以下の知識およびスキルの取得を目標とする。
‐クラウドコンピューティング基盤を理解し、IoTやAIシステムへの活用できる。
‐基盤の特性と構造を理解し、システムに合わせたクラウドの設計ができる。
‐オープンソースであるクラウド基盤ソフトウェアのOpenStackをベースに仕組みや内部構造、管理の概念について習得する。

準備学習・前提知識

‐ネットワーク通信、UNIX系サーバーOSの基礎知識
‐サーバー仮想化の基礎知識
‐IoTシステム&サービスの基本構成

履修時間

時数:8コマ  時間数:12時間

計画

2022年度 K14 シラバス

参考書

‐法橋和昌、他(著)、「仮想化」実装の基礎知識、リックテレコム、2015
‐EMC Education Services(著)、ストレージの原則と技術、インプレス、2013
‐喜連川優(著)、ストレージ技術: クラウドとビッグデータの時代、オーム社、2015
‐中井悦司、中島倫明(著)、オープンソース・クラウド基盤 OpenStack入門、アスキー・メディアワークス、2014
‐日本OpenStackユーザ会(著)、OpenStackクラウドインテグレーション オープンソースクラウドによるサービス構築入門、翔泳社、2015
‐平山毅、中島倫明、中井悦司、他(著)、絵で見てわかるクラウドインフラとAPIの仕組み、翔泳社、2016

評価

課題レポートと出席日数を総合して評価する。

参考情報

2020年度 K14 iCDスキルマッピング β版
※今後見直しの可能性があります。