K09 組込み・リアルタイムシステム

概要

IoTデバイスなどの分散組込みシステムを構築するための基礎技術を学ぶ。
個人でIoTシステムのプロトタイプ開発を行い、その成果を発表する。

担当者

戸川望(早稲田大学)、荒木順子(エンベックスエデュケーション)、中島達夫(早稲田大学)

到達目標

以下の知識やスキルを習得することを目標とする。
‐センサとの接続を含む組込みシステム全体、リアルタイムシステム、Internet of Things(IoT)の知識
‐IoTシステムの企画、設計、実装ができるスキル

準備学習・前提知識

‐IoTシステムの基本構成
‐計算機システムアーキテクチャの基礎知識

履修時間

時数:8コマ  時間数:12時間

計画

2022年度 K09 シラバス

参考書

‐戸川望、情報処理学会組込みシステム研究会(著)、組込みシステム概論、CQ出版、2008
‐K.C. Wang(著)、Embedded and Real-Time Operating Systems、Springer、2017
‐Timothy Chou(著)、Precision: Principles, Practices and Solutions for the Internet of Things、Lulu.com、2016
‐トランジスタ技術編集部(著)、ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書、CQ出版、2019

評価

成果発表会での受講生による相互評価と講師による評価、提出レポートを総合して評価する。

参考情報

2020年度 K09 iCDスキルマッピング β版
※今後見直しの可能性があります。