K5 IoT版ビジネスモデル仮説検証プログラム

授業概要

IoT システム&サービスの特有の課題を踏まえて研究成果やアイデアを基にビジネスモデルを構築し仮説検証を繰り返しながらブラッシュアップすることで IoT 事業を立ち上げる手法を実践的に学ぶ。

担当者

調整中

到達目標

以下の知識およびスキルの取得を目標とする。
– ビジネスモデルキャンバス、リーンスタートアップ、顧客開発モデルの理論を理解している。
– IoT システム&サービス特有の課題を把握したうえで IoT ビジネスモデルを構築し顧客インタビューを行うことで理論を実践できる。

準備学習・前提知識

– IoT システム&サービスの基本構成

履修時間

時数:8コマ  時間数:12時間

計画(2019年開講予定)

第 1 回: IoT 事業の特性とビジネスモデルキャンバス
第 2 回: ビジネスモデルキャンバスを用いたビジネスモデル設計
第 3 回: リーンスタートアップと顧客開発モデル
第 4 回: ビジネスモデルの設計手法
第 5 回: ビジネスモデルの仮説構築
第 6 回: 総合演習 1(顧客インタビューとビジネスモデルの改訂)
第 7 回: 総合演習 2(顧客インタビューとビジネスモデルの改訂)
第 8 回: 総合演習 3(ビジネスモデル検証結果発表とディスカッション)、まとめ

開講場所

WASEDA NEO 教室10

シラバスPDF

下記リンクよりダウンロードください。

シラバスPDF