K3 修了制作

授業概要

受講者が所属企業から持ち込む実問題または連携企業や団体提供の現実に類する課題や環境を対象に、大学・研究所教員(および連携企業)とのマンツーマン個別指導体制を通じたイノベーション・価値創造のためのシステム&サービス制作および研究を実施する。

担当者

連携大学の担当教員(早稲田大学、大阪大学、工学院大学、東京工科大学、東京学芸大学、北陸先端科学技術大学院大学、九州大学、茨城大学、鶴見大学、東洋大学)

到達目標

以下のスキルを習得することを目標とする。

–  IoT システムに関する技術・事例を調査研究できる。
–  イノベーションを生む可能性のあるスマートクラウド・IoT システムを企画・開発できる。

準備学習・前提知識

スマートシステム&サービス開発のための要素技術

履修時間

時数:8コマ  時間数:12時間

日程

第1回 演習 個人指導 1
第2回 演習 個人指導 2
第3回 演習 個人指導 3
第4回 演習 個人指導 4
第5回 演習 個人指導 5
第6回 演習 個人指導 6
第7回 演習 個人指導 7
第8回 演習 発表会

評価方法

発表と質疑(70%)と最終レポート(30%)

テキスト・参考書

(課題に応じて選定)

開講場所

各連携大学等(遠隔指導も可)

シラバスPDF

下記リンクよりダウンロードください。

シラバスPDF