K2 グローバル開発実習

授業概要

代表校や連携校の留学生とブレンドした開発実習、来訪する海外大学・大学 院生とブレンドしたチーム開発実習、および、海外における夏季等集中チーム開発実習への選択的選抜参加を行う。

担当者

鷲崎 弘宜(早稲田大学)ほか

到達目標

以下のスキルを習得することを目標とする。
– 異文化や異領域の開発者と英語で議論し、システム&サービスをチーム開発できる。
– アジャイル・リーン開発によりシステムを開発し、DevOps を実践できる。

準備学習・前提知識

– IoT プログラミング、クラウドサービス、開発手法
– アジャイル・リーン開発および DevOps の基礎知識

履修時間

時数:8コマ  時間数:12時間

計画(2019年開講予定)

第 1 回: チーム分け、開発内容・手順の確認
第 2 回: 開発計画の作成、開発演習 1
第 3 回: 開発演習 2
第 4 回: 開発演習 3
第 5 回: 開発演習 4
第 6 回: 開発演習 5
第 7 回: チーム内議論、発表準備
第 8 回: 発表と議論、まとめ

開講場所

WASEDA NEO 教室10

シラバスPDF

下記リンクよりダウンロードください。

シラバスPDF