K8 セキュリティ・プライバシ・法令

授業概要

IoT時代のセキュリティ、プライバシ、法令の基礎知識と関連する技術について学ぶ。

担当者

森達哉(早稲田大学)、内田真人(早稲田大学)、竹之内隆夫(デジタルガレージ)、井口誠(Kii)、松崎和賢(中央大学)

到達目標

以下の内容を理解することを目標とする。
‐プライバシー保護技術の必要性の理解。
‐主要なプライバシー保護技術の詳細と適用方法の理解。
‐情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の基礎の理解。
‐パーソナルデータの適切な取扱いに必要な事項の理解。
‐情報セキュリティの基礎の理解。
‐IoTに固有なセキュリティ課題と脅威、及び対策技術の理解。
‐IoTシステムの脅威分析の前提知識や大枠の理解。
‐IoTシステムにかかわる検証や認証の理解。

準備学習・前提知識

‐統計学の基礎知識(必須ではない)
‐情報通信ネットワーク技術に関する基礎知識(必須ではない)

履修時間

時数:8コマ  時間数:12時間

2020年度 日程

第1回 4/7 18:20~19:50 セキュリティ概論 座学
第2回 4/7 20:00~21:30 プライバシー保護技術概論 座学
第3回 4/14 18:20~19:50 プライバシー保護技術の詳細 座学
第4回 4/14 20:00~21:30 プライバシー保護技術の実習 演習
第5回 4/21 18:20~19:50 インシデントから学ぶ情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS) 座学
第6回 4/21 20:00~21:30 インシデントから学ぶ法令(改正個人情報保護法) 座学
第7回 4/28 18:20~19:50 IoTシステムのセキュリティ技術 座学
第8回 4/28 20:00~21:30 IoTシステムの脅威分析と検証技術 座学

評価方法

課題レポートと出席日数を総合して評価

テキスト・参考書

‐佐久間淳(著)、データ解析におけるプライバシー保護、講談社、2016
‐中川裕志(著)、プライバシー保護入門、勁草書房、2016
‐羽田卓郎、山﨑哲(著)、ISO/IEC 27001 情報セキュリティマネジメントシステム (ISMS) 構築・運用の実践、日科技連出版社、2014
‐関原秀行(著)、ストーリーとQ&Aで学ぶ改正個人情報保護法、日本加除出版、2017
‐Stephen Hilt、Kyle Wilhoit、Aaron Shbeeb、Bryan Singer、Clint Bodungen(著)、Hacking Exposed Industrial Control Systems: ICS and SCADA Security Secrets & Solutions、McGraw-Hill、2016

開講場所

WASEDA NEO 教室10

シラバスPDF

2020年度 K8