K07 アーキテクチャ (コース履修)

領域

アプリケーション

モデル

組込みIoTプロフェッショナル

区分

選択

概要

様々な品質要求を満たすアプリケーションアーキテクチャを得るための設計手法や、品質管理手法を学ぶ。

講師

鄭顕志(早稲田大学)
久保秋真(チェンジビジョン)

到達目標

以下の内容を理解することを目標とする。
‐アーキテクチャの概念とIoTシステムに関連した代表的なアーキテクチャパターン、参照アーキテクチャの理解。
‐アーキテクチャ設計、評価手法の習得。
‐モデル駆動開発の基本知識とIoTシステムにおける活用方法の理解。

準備学習・前提知識

‐オブジェクト指向モデリングほかの基礎的な要求・ソフトウェアモデリング
‐ソフトウェア設計、ソフトウェア&サービス品質の基礎知識

履修時間

時数:8回  時間数:12時間

2021年度 計画
回数概要講師配信形式機材ソフト
事前学習:Raspberry Pi 入門オンデマンド個人演習
第1回IoTシステムのアーキテクチャ設計 ADD、アーキテクチャスタイル・パターン鄭顕志オンデマンド座学
第2回IoTシステムのアーキテクチャ設計:演習鄭顕志リアルタイムグループワーク
第3回IoTシステムのアーキテクチャ評価 ATAM鄭顕志オンデマンド座学
第4回IoTシステムのアーキテクチャ評価:演習鄭顕志リアルタイムグループワーク
第5回モデル駆動開発1(IoTとモデル駆動開発)久保秋真オンデマンド座学
第6回モデル駆動開発2(開発ツールの演習)久保秋真オンデマンド個人演習
第7回モデル駆動開発3(モデル駆動開発によるエンドポイント開発演習1)久保秋真リアルタイム個人演習
第8回モデル駆動開発4(モデル駆動開発によるエンドポイント開発演習2)久保秋真リアルタイム個人演習
機材

全員配布:Raspberry Pi セット、工作キット
履修登録者のみ配布:TM1638 8ビットLEDデジタルチューブモジュール、K07用microSDカード
各自用意:ディスプレイ、キーボード、マウス(いずれもRaspberry Pi 操作用)

ソフトウェア

BridgePoint
※インストール方法は講義前に別途指示

参考書

‐スティーブ J. メラー/マーク J.バルサー(著)、Executable UML MDAモデル駆動型アーキテクチャの基礎、翔泳社、2003

評価

レポート

備考

後半パートの演習(リアルタイム配信)は2週に分けて1回ずつ実施。

PDF

K07 シラバス 2021年度コース履修