K04 スマートIoTシステム・ビジネス入門 (コース履修)

領域

入門

モデル

区分

選択

概要

スマートIoTシステムの技術とビジネスデザインの概要を事例を通じて学ぶ。
※スマートIoTシステム初学者のためのエントリ科目である。

講師

鷲崎弘宜(早稲田大学)
岡崎正一(モバイルコンピューティング推進コンソーシアム)
大黒篤(モバイルコンピューティング推進コンソーシアム)
増倉孝一(モバイルコンピューティング推進コンソーシアム)

到達目標

以下の内容を理解することを目標とする。
‐IoTサービスシステムの概要とその具体事例
‐IoTサービスシステムを支える技術と活用方法の概要

準備学習・前提知識

‐プログラミング、情報システム&サービス開発の基礎知識
‐Python、Raspberry Piの事前学習動画あり(視聴必須)

履修時間

時数:8回  時間数:12時間

2021年度 計画
回数 概要 講師 配信 形式 機材 ソフト
事前学習:Raspberry Pi 入門 オンデマンド 個人演習
事前学習:Python言語・Pythonライブラリ オンデマンド 個人演習
第1回 全体概要 鷲崎弘宜 オンデマンド 座学
第2回 IoTシステム構築技術 岡崎正一 オンデマンド 座学
第3回 IoTデバイス 大黒篤 リアルタイム 個人演習
第4回 IoTシステムのプロトタイピング開発 大黒篤 リアルタイム 個人演習
第5回 IoTデータ活用技術1(ディープラーニング概要と活用) 増倉孝一 リアルタイム 個人演習
第6回 IoTデータ活用技術2(ディープラーニングツール) 増倉孝一 リアルタイム 個人演習
第7回 IoT通信方式 岡崎正一 オンデマンド 座学
第8回 IoTシステム開発・保守・運用 岡崎正一 オンデマンド 座学
機材

全員配布:Raspberry Pi セット、工作キット、K04用microSDカード
各自用意:ディスプレイ、キーボード、マウス(いずれもRaspberry Pi 操作用)

ソフトウェア

TensorFlow、Keras、Anaconda(Python)
※インストール方法は講義前に別途指示

テキスト・参考書

‐内平直志(著)、戦略的IoTマネジメント、ミネルヴァ書房、2018
‐モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(著)、IoT 技術テキスト、リックテレコム、2018

評価

レポート

備考

本講義はPythonの基礎知識を有すること前提で進行する。
初学者はもちろんのこと、全員、必ず受講前にPythonの事前学習を済ませること。

PDF

K04 シラバス 2021年度コース履修