K19 品質エンジニアリング (コース履修)

領域

アプリケーション

モデル

システムオブシステムズ・品質アーキテクト

区分

選択

概要

IoT・AIベースシステムの検証手法や、品質管理手法を学ぶ。

講師

早水公二(フォーマルテック)
本田澄(大阪工業大学)

到達目標

以下の内容を理解することを目標とする
‐モデル検査の基本知識とIoTシステムにおける活用方法の理解。
‐IoT・AIベースシステムを対象とした品質エンジニアリングの理解。
‐機械学習システムを対象としたテスト技術の理解。

準備学習・前提知識

‐オブジェクト指向モデリングほかの基礎的な要求、ソフトウェアモデリング
‐ソフトウェア設計、ソフトウェア&サービス品質の基礎知識

履修時間

時数:8回  時間数:12時間

2021年度 計画
回数概要講師配信形式機材ソフト
第1回モデル検査1(モデル検査の基礎)早水公二オンデマンド座学
第2回モデル検査2(SMW言語と基礎演習)早水公二オンデマンド座学
第3回モデル検査3(共通例題演習)早水公二リアルタイムグループワーク
第4回モデル検査4(共通例題演習の回答例紹介)早水公二リアルタイムグループワーク
第5回信頼性マネジメント1(アジャイル/DevOps、品質管理プロセス、信頼性モデル)本田澄オンデマンド座学
第6回信頼性マネジメント2(ツールを利用した演習)本田澄リアルタイムグループワーク
第7回信頼性マネジメント3(機械学習におけるテスト)本田澄オンデマンド座学
第8回信頼性マネジメント4(メタモーフィックテスティングを利用した演習)本田澄リアルタイムグループワーク
機材

なし

ソフトウェア

NuSMV、R
※インストール方法は講義前に別途指示

参考書

‐SQuBOK策定部会(著)、ソフトウェア品質知識体系ガイド SQuBOK Guide、オーム社、2014

評価

レポート

備考

課題レポートの作成にはグループワーク演習(リアルタイム配信)への参加が必要。

PDF

K19 シラバス 2021年度コース履修