K17 IoTとシステムズアプローチ (コース履修)

領域

ビジネス

モデル

システムオブシステムズ・品質アーキテクト / 組込みIoTプロフェッショナル / クラウド・ビジネスイノベーター

区分

選択

概要

IoTシステムを見据えたシステムズアプローチの概念と手法を学ぶ。

講師

新谷勝利(早稲田大学)
安藤秀樹(日本アイ・ビー・エム)
高井利憲(チェンジビジョン)

到達目標

以下を目標とする。
‐IoTシステムを見据えたシステムズアプローチの考え方、枠組みを理解している。
‐各種のシステムモデリングの手法(SysML、GQM+Strategies、GSNなど)をIoTシステムに適用できる。

準備学習・前提知識

‐ソフトウェアライフサイクルプロセスの基礎

履修時間

時数:8回  時間数:12時間

2021年度 計画
回数 概要 講師 配信 形式 機材 ソフト
第1回 K17によって達成できること 新谷/高井/安藤 リアルタイム グループワーク
第2回 ビジネス分析と知識体系1 安藤秀樹 リアルタイム グループワーク
第3回 ビジネス分析と知識体系2 安藤秀樹 リアルタイム グループワーク
第4回 ゴール指向1 新谷勝利 リアルタイム グループワーク
第5回 ゴール指向2 新谷勝利 リアルタイム グループワーク
第6回 システムモデリング2 高井利憲 リアルタイム グループワーク
第7回 システムモデリング2 高井利憲 リアルタイム グループワーク
第8回 まとめ 新谷/高井/安藤 リアルタイム グループワーク
機材

なし

ソフトウェア

Slack(講師への質問やグループワークで使用)
astah*
※インストール方法は講義前に別途指示(ライセンス配布)

参考書

‐IIBA日本支部(翻訳)、他(著)、ビジネスアナリシス知識体系ガイド Version 3、IIBA日本支部、2015
‐Victor Basili/他(著)、ゴール&ストラテジ入門、オーム社 、2015
‐西村秀和(監修)、他(著)、システムズモデリング言語SysML、東京電気大学出版局、2012

評価

レポート

備考

すべてリアルタイム配信で実施する。
講師への質問やグループワークでの情報共有にSlackを使用する。

PDF

K17 シラバス 2021年度コース履修