K17 IoTとシステムズアプローチ(コース履修)

概要

IoTシステムを見据えたシステムズアプローチの概念と手法を学ぶ

講師

新谷勝利(早稲田大学)

安藤秀樹

高井利憲(チェンジビジョン)

到達目標

以下の内容を理解することを目標とする。

  • ■ DX推進を意図し、価値の認識とその実現を早期に確認するシステムズアプローチの考え方及び枠組み
  • ■ BABOKのテクニックを用い、対象とする現場の課題を文書化
  • ■ 文書化されたものをGQM+Strategiesグリッドで構造化
  • ■ グリッドをGSN(Goal Structuring Notation)で表現し、SysMLでモデル表現し、全体的なトレーサビリティを確認

事前学習・前提知識

  • ソフトウェアライフサイクルプロセスの基礎

学習方法

導入  LMSにある動画を視聴
  • ■ K17 IoTとシステムズアプローチで達成できること
  • 動画により、K17全体で学習する考え方、用語、枠組みを概観した後、以降の講義演習でも用いる実ケースについて紹介する
講義・演習  オンラインによるリアルタイム講義演習(2日間)

1日目 4コマ、2日目 3コマ

(1日目)

  • ビジネス分析と知識体系
  • ゴール思考

(2日目)

  • システムモデリング(GSNとSysMLをastahを用いて表現)
  • まとめ

課題・評価

  • 課題を提出することにより履修修了と認める

参考書

  • IIBA日本支部(翻訳)、他(著)、ビジネスアナリシス知識体系ガイド Version 3、IIBA日本支部、2015
  • Victor Basili、他(著)、ゴール&ストラテジ入門、オーム社 、2015
  • 西村秀和(監修)、他(著)、システムズモデリング言語SysML、東京電気大学出版局、2012″