K15 無線通信・IoT通信・センサネットワーク (コース履修)

領域

通信・物理

モデル

組込みIoTプロフェッショナル

区分

選択

概要

M2Mを含む各種のネットワーク通信の仕組み、および特性を習得する。

講師

甲藤二郎(早稲田大学)
金井謙治(早稲田大学)
菰岡真人(モバイルコンピューティング推進コンソーシアム)
新井康祐(モバイルコンピューティング推進コンソーシアム)
山崎直己(モバイルコンピューティング推進コンソーシアム)
竹岡航司

到達目標

以下の知識およびスキルの取得を目標とする。
‐無線通信・IoT 通信の仕組みおよび特性を理解している。
‐無線センサネットワークを構築し運用を開始できる。

準備学習・前提知識

‐IoTシステム&サービスの基本構成
‐ネットワーク通信およびサーバの基礎知識
‐ネットワークプログラミングの基礎知識

履修時間

時数:8回  時間数:12時間

2021年度 計画
回数概要講師配信形式機材ソフト
事前学習:Raspberry Pi 入門オンデマンド個人演習
第1回IoTエリアネットワーク甲藤二郎オンデマンド座学
第2回無線センサネットワーク金井謙治オンデマンド座学
第3回広域通信網(WAN)菰岡真人オンデマンド座学
第4回IoT機器設計 SEの役割と価値菰岡真人オンデマンド座学
第5回IoT通信演習1新井/山崎リアルタイム個人演習
第6回IoT通信演習2新井/山崎リアルタイム個人演習
第7回LPWAネットワークの種類と技術規格竹岡航司リアルタイム座学
第8回プライベートLoRa演習竹岡航司リアルタイムグループワーク
機材

全員配布:Raspberry Pi セット、工作キット
履修登録者のみ配布:GPS受信機キット、LANケーブル、K15用microSDカード
各自用意:ディスプレイ、キーボード、マウス(いずれもRaspberry Pi 操作用)、有線LANアダプター(LANポート付PCの場合は不要)

ソフトウェア

Node-RED
参考:TeraTerm 
※インストール方法は講義前に別途指示

参考書

‐鄭立(著)、IoTインフラを実現する スマートセンサ無線ネットワーク、リックテレコム、2012
‐David Boswarthick/他(著)、M2M基本技術書 ETSI標準の理論と体系、リックテレコム、2013
‐稲田修一(監修)/他 (著)、M2M/IoT教科書、インプレス、2015
‐Robert Faludi(著)、Building Wireless Sensor Networks、O’Reilly Media、2011

評価

レポート

備考

第5-6回「IoT通信演習」は通信環境設定の都合によりWindowsのみ対応(予定)

PDF

K15 シラバス 2021年度コース履修