K10 クラウドサービス・分散システム(コース履修)

概要

クラウドコンピューティング基盤上にスケーラブルな分散システムを構築する技術について学ぶ。

講師

高橋竜一(茨城大学)

佐々木健太郎(楽天)

中島倫明(レッドハット)

到達目標

以下の内容を理解することを目標とする。

  • ■クラウドシステムの特徴を活かしたシステム設計(スケールアウトなど)
  • ■分散システムを構築・運用するためのクラウド環境の自動化技術”

事前学習・前提知識

  • ネットワーク通信、UNIX系サーバーOSの基礎知識
  • サーバー仮想化、クラウドコンピューティングの基礎知識
  • IoTシステム&サービスの基本構成”

学習方法

座学  LMSにある動画を視聴

第1回  導入、分散システム基盤

第2回  分散システムを支える理論・技術(プロトコル)

第3回  分散システムを支える理論・技術(定足数、グループ管理)

第4回  分散システムを支える理論・技術(順序付け、一貫性)

第5回  クラウドリソースの抽象化

第7回  クラウドシステム管理の考え方とエコシステム

 

演習

本科目はコース履修に限り演習を実施しません

 

課題・評価

  • 第1回~4回に係る課題を提出することにより履修修了と認める

 

参考書

  • 中井悦司、中島倫明(著)、オープンソース・クラウド基盤 OpenStack入門、アスキー・メディアワークス、2014
  • 日本OpenStackユーザ会(著)、OpenStackクラウドインテグレーション オープンソースクラウドによるサービス構築入門、翔泳社、2015
  • 平山毅、中島倫明、中井悦司、他(著)、絵で見てわかるクラウドインフラとAPIの仕組み、翔泳社、2016″